MENU
公式アカウント
Facebook
Twitter
サービス
DIAqとは?
ご登録方法
ご利用の流れ
 
ヘルプ
よくあるご質問
問い合わせ
お知らせ
発注者はこちら
ご利用はアプリから
DIAq運送者 サービス利用規約
DIAq運送者利用規約

本利用規約(以下「本規約」という。)は、株式会社セルート(以下「当社」という。)が運営するオンデマンド配送プラットフォーム「DIAq」(以下「本プラットフォーム」という。)の利用条件及び本プラットフォームを利用して運送事業を行う者と当社との間の権利義務関係について定めるものである。本プラットフォームの利用に際しては、本規約の全文を読み、本規約に同意する必要がある。

第1条(定義)

本規約において使用する以下の用語は、それぞれ以下に定める意味を有するものとする。

1. 「アカウント情報」とは、本プラットフォームにおいて運送者が使用するメールアドレス、運送者ID及びパスワードを意味する。
2. 「運送委託契約」とは、本プラットフォームに関し、ユーザーを委託者とし、運送者を受託者として締結される委託契約を意味する。
3. 「配送業務」とは、対価を得て、特定の荷物を任意の目的地まで運送することを内容とした役務提供を意味する。
4. 「個人情報等」とは、本プラットフォームに関して当社が取得する、ユーザー若しくはその担当者、運送者、荷物の届け先等又はそれらの担当者の個人情報を意味する。なお、その詳細は「個人情報保護方針」において定義する。
5. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含む。)を意味する。
6. 「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが「dia-9.com」である、当社が運営するウェブサイト(当社のウェブサイトのドメイン又はその内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含む。)を意味する。
7. 「運送者」とは、本規約に従い所定の登録手続きを行い当社から承諾され、本プラットフォームにおいて配送業務を提供又は提供しようとする個人又は法人を意味する。
8. 「ユーザー」とは、DIAqユーザー利用規約に基づいて本プラットフォームの利用者としての登録がなされた個人又は法人を意味する。

第2条(目的及び適用)

1. 本規約は、本プラットフォームの利用条件及び本プラットフォームの利用に関する当社と運送者との間の権利義務関係を定めることを目的とし、当社と運送者との間の本プラットフォームの利用にかかる一切の関係に適用される。
2. 当社が当社ウェブサイト上に掲載する本プラットフォーム利用に関するルール及びガイドラインは、本規約の一部を構成するものとする。
3. 本規約の内容と、前項のルールその他の本規約外における本プラットフォームの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとする。


第3条(本プラットフォームの内容及び当社の役割)

1. 当社は、ユーザーと運送者が運送委託契約を行うためのツール及びプラットフォームの提供を行う。
2. 本プラットフォームは、ユーザーと運送者が直接運送委託契約を締結することを目的とするものであり、当社は運送委託契約の当事者とはならない。
但し、運送委託契約に基づくユーザーから運送者に対する運送料金の支払事務は、第11条 に定めるところにより、当社が運送者に代わり運送料金を受領し、それを当社が運送者に引渡すことにより行われるものとする。運送者は、本項において、当社に対して、本規約に定める条件に従いユーザーから支払われる運送料金を運送者に代わり受領する権限を付与したものとみなす。

第4条(登録)

1. 本プラットフォームの利用を希望する運送者(以下「登録希望運送者」という。)は、本規約を遵守することに合意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「登録事項」という。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本プラットフォームの利用の登録申請(以下「登録申請」という。)をすることができる。登録申請は、必ず登録希望運送者自らが行わなければならず、また、登録希望運送者は、登録事項に関し、当社に対して正確な情報を提供しなければならない。
2. 当社は、当社の基準に従って、前項に基づく登録申請を行った登録希望運送者(以下「登録申請運送者」という。)の登録の可否を判断した上、当社がこれらを認める場合にはその旨を登録申請運送者に通知する。登録申請運送者の運送者としての登録は、当社が本項の通知を行ったことをもって完了するものとする。
3. 前項に定める登録の完了をもって、運送者は本プラットフォームを本規約に従い利用することができるようになる。
4. 当社は、登録申請運送者が、以下の各号のいずれかの事由に該当すると当社が認めた場合は、登録及び再登録を拒否することがある。その場合は登録及び再登録を拒否する旨のみを登録申請者に通知することとし、その理由について登録申請運送者に対する一切の開示義務を負わない。
(1) 当社に提供した登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤り又は記載漏れがあった場合
(2) 既に運送者として登録されている場合
(3) 暴力団、暴力団員、右翼団体、犯罪集団、その他の反社会的勢力又はこれに準ずる者(以下「反社会的勢力等」という。)である場合又は労務提供、資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力、関与するなど反社会的勢力等との何らかの関係を有していると当社が判断した場合
(4) 満18歳未満である場合
(5) 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、かつ法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意等を得ていなかった場合
(6) 過去に当社との契約に違反した者又はその関係者であると当社が判断した場合
(7) 第26条第1項に定める措置を受けたことがある場合
(8) 当社による本プラットフォームの運営及びその提供又は他のユーザー若しくは運送者による本プラットフォームの利用を妨害し、若しくはこれらに支障をきたす行為を行った場合又はそのおそれがあると当社が判断した場合
(9) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合
5. 登録申請運送者による登録申請に対し、当社がその登録を拒否したことによって登録申請運送者に生じた損害について、当社は一切の責任を負わない。

第5条(登録事項の取扱い及び変更)

1. 運送者は、当社が、運送者から提供された登録事項にかかる情報を、本プラットフォームに関連する目的の範囲内において利用すること及びかかる目的達成に必要な範囲内でその取扱いを第三者に委託することに同意するものとする。
2. 運送者は、登録事項に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとする。
3. 登録事項に変更があったにもかかわらず、運送者が当社に対してその変更を通知しない場合、当該運送者は当該登録事項の変更を当社に対して主張できず、当社は、当該運送者について当該登録事項に変更がないものとして取り扱うことができる。また、これによって運送者に生じた損害について、当社は一切の責任を負わない。

第6条(アカウント情報の管理)

1. 運送者は、自己の責任において、アカウント情報を適切に管理及び保管する責任を負う。運送者は自己のアカウント情報を第三者に利用させ、又は貸与、譲渡、名義変更、売買、質入その他のいかなる処分もすることができない。
2. 運送者によるアカウント情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は当該運送者が負うものとし、当社はこれについて一切の責任を負わない。
3. 運送者の責めに帰すべき事由によってアカウント情報が不正に利用されたこと等により当社に損害が生じた場合、当該運送者は当社に対し当該損害を賠償する責任を負う。
4. アカウント情報が第三者に漏えいした場合又はそのおそれがある場合、運送者は当社に対して遅滞なくその旨を連絡するものとする。また、この場合、当該運送者は当該漏えいに対処するために、当社に必要な協力をするものとする。

第7条(運送委託及び運送条件の通知)

1. 運送者は、本規約に基づき、ユーザーから受託する配送業務を、自ら業務処理計画を立案して、業務委託の趣旨に従い、誠実かつ善良な管理者の注意をもって実施するものとする。
2. 運送者は、DIAqを通じて受託した配送業務の実施に関することのうち本規約に定めのない事項については国土交通省が定める「標準貨物軽自動車運送約款」に準じてこれを遂行するものとする。
なお、原動機付自転車(排気量125cc以下の二輪車もしくは三輪車)・自転車・徒歩および公共交通機関利用による貨物運送においては、「標準貨物軽自動車運送約款」中における「貨物軽自動車運送事業」を「原付・自転車等による貨物運送事業」と読み替えることとし、当該標準約款の第三条、第五条、第十三条、第二十一条、第三十二条二項、第三十三条は適用しないこととする。
3. 当社は、ある特定の荷物に関するユーザーからの配送業務の申込みが到達した場合、当該荷物についての配送業務の委託をユーザーが希望する運送者に対して、当該ユーザーの希望する「配送内容」(荷主となるユーザーの氏名又は名称、住所、連絡先等の情報及び送り先となる者の氏名又は名称、住所、連絡先等の情報並びに荷物の現在地、大きさ、個数その他の配送業務の提供に必要な情報をいう。以下「配送内容」という。)を通知する。
4. 運送者に対して配送業務の申込みをしたユーザーと運送者との運送委託契約は、当該運送委託契約の運送条件を当社より通知された運送者が承諾する意思表示を行ったことを条件として成立するものとする。

第8条(業務委託契約)

1. ユーザーが、本プラットフォームを利用し、運送者に対して荷物の配送業務について申込みをした場合、当社は当該ユーザーから連絡を受けた配送内容を運送者に通知する(なお、当該申込みの時点では、当該荷物に関するユーザーと運送者の間の契約は、未だ成立していないものとする。)
2. 特定の荷物に関するユーザーと運送者の間の契約は、前項に規定されるとおり、当該荷物について運送者への配送内容の通知が行われ、当該荷物に関する配送業務の受託について、当該運送者が承諾する意思表示を行ったことを条件として成立するものとし、当社は、当該契約の成否を、ユーザーに対し通知するものとする。
3. 運送者が本プラットフォームを利用してユーザーと運送委託契約を締結する場合、契約の形式は業務委託契約として、いかなる意味でも雇用契約又は類似の労働契約とはしないものとし、運送者が受託業務を行う際に、ユーザーが業務内容及び遂行方法について具体的な指揮命令を行うことや、運送者の業務の遂行場所及び時間を指定する等、ユーザーが配送業務の委託に必要な範囲を超えての指揮命令及び監督権限を行使することはできないものとする。
4. 本プラットフォームにおいて当社は、運送委託契約を締結するユーザーの選定、当該ユーザーとの運送委託契約の締結及び配送内容について 、それらの内容・品質・信憑性・適法性・正確性・有用性等の確認及び保証を行わないとともに、その瑕疵に関して一切の責任を負わない。
5. 運送者に連絡がつかない場合又は運送者の同意を得た場合、当社は運送者がユーザーとの間で取り決めた配送業務の内容を変更又はキャンセルすることがある。

第9条(契約の変更及び解除)

1. 運送者は、前条第2項に規定する特定の荷物に関するユーザーと運送者との間の契約(以下、本条において「当初運送委託契約」という。)の成立後において、ユーザーから当初運送委託契約に関する配送内容の変更の申出があった場合、運送者は当該申出に応じて当初運送委託契約に関する配送内容を変更することができる。また、運送者は、当初運送委託契約の成立後において、同契約に関する配送内容で配送を提供することが困難と認められる合理的な事情が存在する場合、ユーザーに対し、当該配送内容の変更について協議を申し入れることができるものとし、ユーザーはこれに誠実に対応しなければならないものとする。
2. 当初運送委託契約の成立後であっても、本項各号の事由が存在する場合には、運送者は、ユーザーと協議の上当該運送委託契約の解除を申し出ることができるものとする。この場合、運送者はこれにより当該ユーザーに生じた損害を賠償する責任を負わないものとする。
(1) 前条第1項に基づきユーザーが運送者に対し連絡した配送内容又は同項に基づき運送者がユーザーに確認をした配送内容と、実際に運送者が当該運送委託契約の対象となる荷物の所在地等に赴いて確認した配送内容とが著しく異なる場合
(2) ユーザーから、当初運送委託契約に関する配送内容の変更の申出があった場合において、配送先住所や業務終了予定時刻の変更により、当初運送委託契約の履行が困難な場合。
(3) ユーザーの言動、態度その他直接対面した印象等から、ユーザーの荷物の運送により、当社又は運送者に対して、現実的な損害が生じるおそれがあると合理的に評価できる場合。

第10条(システム利用料)

1. 運送者は、運送委託契約成立時のシステム利用料(以下「システム利用料」という。)として、ユーザーから受領する運送料金(有料道路代、駐車場代などの実費立替金を除く)のうち当社が定めた手数料を当社に支払う。
なお、システム利用料には、運送者からユーザーへ発行する領収書を当社が代行発行することに伴う手数料が含まれる。
2. 前項のシステム利用料について、運送者がユーザーから受け取る運送料金から当社がシステム利用料を直接控除することに、運送者は予め同意するものとする。
3. 当社から運送者に支払・返金等をする場合は、銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫、労働金庫、信用農業協同組合連合会、信用漁業協同組合連合会、農業協同組合のいずれかの日本国内の金融機関に対してのみ行えるものとし、振込手数料は運送者が負担するものとする。
4. 当社は、30%を超えない範囲でシステム利用料を随時、変更することが出来るものとし、変更がある場合には本ウェブサイト上にて告知するものとする。

第11条(運送料金の支払い時期及び方法)

1. 運送料金の支払時期及び方法については次項以下の通りとする。なお、本項に定めるとおり、ユーザーの運送者に対する運送料金の支払事務については、当社が運送者に代わり当該運送料金を受領し、それを当社が運送者に引渡すことにより行われるものとする。また、当社は、運送者に対する運送料金の引渡しにあたり、当該運送料金の引渡債務と、運送者の当社に対するシステム利用料の支払債務を対当額にて相殺の上、その残額を引渡すことができるものとする。
2. 運送者が本プラットフォームを通じてユーザーから受領する運送料金は、予め各運送者が当社へ届け出た料金表に基づき、株式会社ゼンリンデータコムの提供する「いつもNAVI API3.0」で算出する集荷先から荷物の届け先までの経路距離を元に基本料金を計算するものとし、配送内容により、別途、時間帯割増、荷待(荷扱)料金、立寄料金、積み置き料金、キャンセル料金等を計算する。
3. 当社は、前項に基づき計算し、第3条第2項に基づきユーザーから受領する運送料金を、毎月末日で締め、翌月15日に銀行振込にて運送者へ支払うものとする。ただし、15日が銀行休業日の場合は翌営業日とする。
4. 運送者が指定できる振込先口座は、銀行、ゆうちょ銀行、信用金庫、労働金庫、信用農業協同組合連合会、信用漁業協同組合連合会、農業協同組合のいずれかの日本国内の口座とします。なお、運送者が指定した口座情報に不備があり振込ができない場合、組戻しにかかる手数料は運送者が負担するものとし、口座情報の不備が解消されるまで、当社は払い戻しを行わないものとする。
5. ユーザーと運送者の間で運送委託契約(第9条第1項に基づき配送内容が変更された後の運送委託契約を含む)に関する運送料金を直接授受することは禁止する。

第12条(運転手及び車両)

1. 運送者は配送業務の履行にあたり、関係諸法令・諸規則を遵守しなければならない。
2. 運送者は、本プラットフォームにおいて配送業務を実施するために必要な許認可・届出の手続きを完了していることを保証する。また、配送業務の実施に際しては、道路交通法、貨物自動車運送事業輸送安全規則等の関係業法に従い、適法にこれを行うものとする。
3. 運送者は配送業務に使用する車両その他設備について、関係諸法令・諸規則に定める点検及び適切な整備を実施し、作業の安全に努めなければならない。
4. 運送者は秩序・規律及び風紀を守り適正な業務処理に努めるものとする。

第13条(保険加入)

1. 運送者は配送業務の実施において、交通事故、貨物事故その他の不慮の事故を発生させた場合に、十分賠償に耐え得る額の保険を運送者及び運送者の車両に自らの負担で付保するものとする。運送者は、当社の請求があった場合には、前項の保険にかかる保険証書の写しを、当社に提出しなければならない。
2. 運送者は、対人賠償無制限、対物賠償1,000万円以上の自動車保険(配送業務を自転車等で行う場合にはこれに類する保険)を運送者の車両に付保しなければならない。

第14条(事前連絡)

運送者は、本プラットフォームを利用してする配送業務の提供に用いる車両その他の設備を変更する場合には、原則としてその30日前までにその旨を当社に対して連絡しなければならない。但し、やむを得ない事情があり30日前までにこの連絡ができない場合には、当該事情の解消後遅滞なくこの連絡を行うものとする。

第15条(報告義務)

1. 運送者は、当社又はユーザーが運送者に対して運送委託契約に基づく配送業務の履行状況等の報告を求めた場合は、これに応じて遅滞なく誠実に報告を行うものとする。
運送者は、運送委託契約に基づき配送業務の提供を完了した場合には、別途当社の定める方法において、その都度、当社に対し、遅滞なく当該配送業務の履行状況等を報告しなければならない。
2. 運送者は、運送委託契約に基づく配送業務の提供について、ユーザーから配送業務に関する問い合わせ、クレーム及び損害賠償責任その他の法的責任の追及等があった場合、直ちにその旨を当社に報告するものとする。
3. 運送者は、自己に以下の各号のいずれかに該当する事項が発生した場合には、直ちにその旨を当社に報告するものとする。
(1)支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
(2)手形交換所の取引停止処分を受けた場合
4. 運送者は、当社が本プラットフォームに関係する範囲において報告、資料の提出又は立入り調査等を求めた場合は、遅滞なくこれに応じるものとする。

第16条(第三者による代行運送等の禁止)

1. 運送者は、運送委託契約に基づく義務の履行の全部又は一部を、委託、代理、代行又は下請などの名称の如何を問わず、第三者に行わせてはならない。
2. 前項の規定にかかわらず、運送者は、別途当社と合意した場合には、運送委託契約に基づく義務の履行の全部又は一部を、第三者に行わせることができる。この場合、当該運送者は、当該第三者に対して、本規約及び運送委託契約に基づき当該運送者が負うものと同じ義務を負わせなければならない。
3. 前項の定めに基づき、運送者が第三者を使用する場合には、当該運送者は、当該第三者の選任及び監督について一切の責任を負うものとする。

第17条(表明保証)

運送者は、本プラットフォームの利用にあたり、当社に対して以下の事項を表明し、保証する。
(1) 運送者が、適法に設立され、有効に存在する法人又は個人であり、かつ、自己の財産を所有し、運送委託契約を締結し、同契約に基づく義務を履行する権限、能力、資格及び権利を有していること
(2) 運送委託契約締結以外の目的で本プラットフォームを利用しないこと
(3) 運送者が、公官庁の登録、届出、許認可等、本規約及び運送委託契約の締結並びにこれら契約に基づく義務の履行について必要な法律上の一切の手続等及び企業や団体の内部規則等により必要とされる一切の手続等を履践していること
(4) 運送委託契約の締結並びにこれら契約に基づく義務の履行が運送者に適用のある法令に違反せず、運送者が当事者であり、若しくは運送者が拘束される契約その他の合意に違反せず、又は運送者に適用される判決、決定若しくは命令の条項に違反しないこと
(5) 運送者が当社に対して提出した書類が偽造されたものではなく、かつ、その内容が正しいこと並びに運送者が当社に対して提供した登録事項にかかる情報が正しいこと

第18条(契約上の地位の譲渡等)

1. 運送者は、当社の書面による事前の承諾なく、本規約及び運送委託契約上の地位又はこれら契約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をしてはならない。
2. 当社は、本プラットフォームにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本規約上の地位、これに基づく権利義務並びに運送者の登録事項その他の本プラットフォームに関係する情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡し、及び引受けさせることができるものとし、運送者は、かかる譲渡又は引受けにつき本項においてあらかじめ同意するものとする。なお、本項に定める事業譲渡には、会社分割その他の本プラットフォームにかかる事業が移転するあらゆる場合を含むものとする。

第19条(秘密保持)

1. 運送者は、本プラットフォームに関連して当社が運送者に対して秘密に取り扱うことを求めて書面又は口頭で開示した非公知の情報について、当社の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱わなければならず、第三者に開示又は漏えいしてはならない。
2. 運送者は、本プラットフォームを通じて得た個人情報等を、本プラットフォームの利用に必要な範囲内においてのみ利用することができ、これを超えて当該個人情報等を利用してはならない。

第20条(接続環境等)

1. 運送者が本プラットフォームを利用するために必要なコンピューター、スマートフォンその他の電子機器及びインターネット利用等に必要なソフトウェア、通信回線その他の通信環境等は、運送者の責任と負担において準備し、維持するものとする。また、それら電子機器、ソフトウェア及び通信環境等の設置や操作についても、運送者の責任と負担において行うものとする。
2. 当社は、本プラットフォームがあらゆる電子機器等に適合することを保証するものではなく、運送者が本プラットフォームの適用を受けるために必要となる電子機器等の準備、設置及び操作に関して一切関与しない。
3. 前2項の規定にかかわらず、当社は、当社の判断で、運送者に対し、本プラットフォームの提供を受けるために必要なコンピューター、スマートフォンその他の電子機器及びインターネット利用等に必要なソフトウェア、通信回線その他の通信環境等を貸与し、その準備及び設置を行い、又はその操作について必要な助言を行うことができる。
4. 運送者は、本プラットフォームを利用する際に複数のネットワークを経由する場合があることを理解し、接続しているネットワークや電子機器等によっては、ネットワークへの接続や経由等の過程で運送者の送信したデータや信号等の内容が意図せずに変更される可能性があることを理解した上で、本プラットフォームを利用するものとする。また、このようなデータや信号等の内容の意図しない変更、システム障害、通信エラーやバグの発生その他の通信上の障害によって運送者が受けた損害について、当社は一切の責任を負わないものとする。
5. 運送者が本プラットフォームの利用に関してインターネット回線を通じて行う情報の伝達及び意思表示は、当社のサーバーに当該情報や意思表示に関するデータや信号等が送信され、当社のシステムに当該情報や意思表示の内容が反映された時点をもって、当社に到達したものとみなす。

第21条(免責)

1. 当社は、本プラットフォームが運送者の特定の目的に適合すること、運送者の期待する機能及び商品的価値を有することを保証しない。
2. 本プラットフォーム又は当社ウェブサイ卜に関連して、運送者と、ユーザー、他の運送者、本プラットフォームの他の利用者又はその他の第三者との間において生じた取引、連絡及び紛争等について、当社は一切の責任を負わないものとする。
3. 運送者登録の抹消、運送者からのID・パスワードの第三者への漏洩、運送者による秘密漏示、本プラットフォームのシステム不具合や障害・中断やデータの消失・漏洩等により生じた不利益・損害等、本プラットフォームの利用により運送者に生じた一切の不利益・損害について当社は一切責任を負わない。
4. 当社は本プラットフォーム上で行われるユーザーと運送者間の取引を管理するものではなく、取引によって生じた一切の不利益・損害について一切責任を負わない。
5. 本プラットフォーム上でやりとりされるメッセージや送受信されるファイルに個人情報等が含まれていた場合、それによって運送者が被った不利益・損害について、当社は一切責任を負わない。
6. 当社は、ユーザーの身元の保証をするものではなく、本プラットフォーム上で取引を完了することを保証するものでもない。
7. 当社は、運送者が登録した配送内容、プロフィール等の、本プラットフォーム上に掲載した一切のテキスト、画像等について、本サイトの円滑な運営又は本プラットフォームの継続的な提供のために必要な範囲内で、当社の判断により、変更、切除その他の改変を行うことができるものとし、これらによる一切の不利益・損害について当社は一切責任を負わない。

第22条(知的財産権の帰属)

当社ウェブサイト及び本プラットフォームに関する知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属するものとする。

第23条(本プラットフォームの停止等)
1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、運送者に事前に通知することなく本プラットフォームの全部又は一部の提供を停止又は中断することができる。
(1) 本プラットフォームにかかるコンピューターシステムの点検又は保守作業を緊急に行う必要がある場合
(2) 当社のコンピューターや通信回線など本プラットフォームの提供に必要な設備等が事故等により使用できなくなった場合
(3) 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などにより本プラットフォームの運営が不可能ないし著しく困難となった場合
(4) 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等その他の不可抗力により本プラットフォームの提供が不可能ないし著しく困難となった場合
(5) 法令又はこれに基づく命令等により本プラットフォームの提供が不可能ないし著しく困難となった場合
(6) その他当社が本プラットフォームの停止又は中断が必要であると判断した場合
2. 前項に基づき当社が行った措置によって運送者に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとする。

第24条(禁止事項)

運送者は、本プラットフォームの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはならない。
(1) 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
(2) 公序良俗に反する行為
(3) 当社、ユーザー、他の運送者、本プラットフォームの他の利用者及びその他の第三者に対する詐欺的又は脅迫的行為
(4) 当社、ユーザー、他の運送者、本プラットフォームの他の利用者及びその他の第三者の所有権、知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉権その他の権利又は利益を侵害する行為
(5) 本プラットフォームを通じ、以下に該当し、又は該当すると当社が判断する荷物の運送依頼を承諾し、又はこれらの荷物を運送する行為
①火薬類その他の危険品、不潔な物品等、他の荷物に損害を及ぼすおそれがあるもの
②違法薬物その他の当該物品の所持又は取得等が法令により禁止されているもの
③その他犯罪に関係し、又は関係していると疑われるもの
(6) 本プラットフォームを介し配送業務の提供を行う特定のユーザーとの間で、本プラットフォームを介さずに、追加(第9条第1項に基づく配送内容の変更の場合を含む)又は新規で配送業務の提供に関する直接の取引をする行為
(7) 本プラットフォームのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
(8) 本プラットフォームの信用を毀損し、又はその運営を妨害するおそれのある行為
(9) 当社のネットワーク又はシステム等に不正にアクセスし、又は不正なアクセスを試みる行為
(10) 当社の提供する本プラットフォームのユーザーインターフェースやソフトウェア等に改変を加える行為
(11) 第三者に成りすます行為
(12) 本プラットフォームの他の利用者及び他の運送者等の情報の収集
(13) 当社、ユーザー、他の運送者、本プラットフォームの他の利用者及びその他の第三者に対して不利益、損害又は不快感を与える行為
(14) 反社会的勢力等への利益供与
(15) 反社会的勢力等を代理し、これらの者の依頼を受け、又は実質的にこれらの者の指示や依頼の下で本プラットフォームを利用する行為
(16) 前各号の行為を直接若しくは間接に惹起し、又は容易にする行為
(17) その他、当社が不適切と判断する行為

第25条(反社会的勢力等の排除)

1. 運送者は、当社に対し、本規約同意時において次の各号の事項が真実であることを表明し、保証した上、将来にわたってこれを確約する。
(1)自らが、反社会的勢力等ではないこと
(2)自らの役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう。)が反社会的勢力等ではないこと
(3)反社会的勢力等に自己の名義を利用させ、運送委託契約を締結するものでないこと
2. 運送者は、当社に対し、本規約に基づく関係が終了するまでの間に、自ら又は第三者を利用して、本規約に関して次の行為をしないことを確約する。
(1) 当社に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
(2) 偽計又は威力を用いて当社の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為
3. 当社は、運送者が本条に規定する義務に違反した場合又は本条において表明、保証及び確約した事項が真実でなく、若しくは正確でなかった場合には、何らの催告を要せずして、直ちに本規約を解除し、本プラットフォーム運送者としての登録を抹消することができるほか、直ちに運送者の本プラットフォーム利用を停止することその他の必要な措置を取ることができる。
4. 前項の規定により運送委託契約が解除された場合、運送委託契約を解除された者は、当該解除により生じた損害について、その相手方に対し、一切の請求を行わない。

第26条(契約解除及び登録抹消)

1. 当社は、運送者が以下の各号のいずれかの事由に該当した場合、その是正を求める通知を発し、その運送者への到達後14日経過後に本規約を将来に向かって解除し、及び当該運送者としての登録を抹消することができるほか、当該通知を発した後、直ちに当該運送者の本プラットフォーム利用を停止することその他の必要な措置をとることができる。但し、当該通知に応じて、運送者が以下の各号のいずれかの事由への該当について、適切な是正措置を講じた場合はこの限りでない。
(1) 本規約に違反した場合(但し、前条第3項に基づき解除される場合を除く。)
(2) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
(3) 手形交換所の取引停止処分を受けた場合
(4) 運送者が登録事項として提供した情報に虚偽の事実があることが判明した場合
(5) 運送者が、6か月以上、本プラットフォームの利用をしない場合
(6) 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡に対して、運送者が14日以上何ら応答しない場合
(7) 運送者に対し、ユーザーから著しく低い評価がされた場合、ユーザーから合理的な理由に基づくクレームが寄せられた場合その他当該運送者について本プラットフォームの利用上不適格と判断される事由が存する場合
(8) その他本項各号に準じる重大な事実があり、本プラットフォームの利用の継続が適当でない場合
2. 当社が、前項に基づき運送委託契約を解除した場合、当社は当該解除により運送者に生じた損害の賠償責任を負わないものとする。前項各号のいずれかに該当し、前項に基づき運送委託契約を解除された運送者は、当社に対して本規約及び運送委託契約上負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちにそれら全ての債務の支払等を行わなければならない。

第27条(運送者による解除及び退会)

1. 運送者は、当社が別途定める方法で当社に対し通知することにより、将来に向かって運送委託契約を解除し、本プラットフォームから退会することができる。
2. 前項による運送委託契約解除の効果は、前項の通知が当社に到達してから2か月経過後に発生するものとする。但し、当社がこれ以前に解除の効果を発生させることに同意した場合は、当該同意の時点において発生するものとする。
3. 運送者は、運送委託契約解除の際に、当社に対して負っている本規約及び運送委託契約上の債務がある場合は、それら債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対してそれら全ての債務の支払等を行わなければならない。
4. 運送者は、本条第1項の規定に基づく解除によって、当社に損害が発生した場合には、その損害を賠償する責任を負う。

第28条(本プラットフォームの内容の変更及び終了)

1. 当社は、当社の都合により、本プラットフォームの内容を変更し、又は本プラットフォームの提供を終了することができる。当社が本プラットフォームの提供を終了する場合、当社はその提供を終了する1か月前までに運送者にその旨を通知するものとする。
2. 前項に基づき当社が行った措置によって運送者に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとする。

第29条(損害賠償責任)

1. 運送者が本規約に違反した結果、当社、ユーザー、他の運送者、本プラットフォームの他の利用者又はその他の第三者に損害が生じた場合、運送者の故意又は過失の有無を問わず、運送者は、当該違反行為により損害を受けた者に対する損害賠償責任を含む、一切の責任を負うものとする。
2. 本プラットフォームの利用に関し、運送者と、ユーザー、他の運送者、本プラットフォームの他の利用者又はその他の第三者との間での紛争等(本プラットフォームの利用と直接関係しない個人的なトラブルを含むがこれに限らない。)によって、当社に損害が発生した場合、運送者は、当社に発生した弁護士費用を含む損害を賠償する責任を負うものとする。
3. 当社は、本プラットフォームの提供又は利用に関連して運送者が被った損害につき、当社に故意又は重大な過失がある場合を除き、これを賠償する責任を一切負わないものとする。また、当社がかかる損害を賠償する責任を負う場合においても、その賠償額の上限は、運送者が本規約に基づき当社に対して支払ったシステム利用料の総額とし、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、これを賠償する責任を負わないものとする。

第30条(本規約の変更)

1. 当社は、必要に応じて本規約を変更できるものとする。当社は、本規約を変更した場合には、運送者に対し、当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、運送者が本プラットフォームを利用した場合又は当社の定める期間内に異議を述べなかった場合には、運送者は、本規約の内容の変更に同意したものとみなす。
2. 本規約の変更前に、ユーザーからDIAqユーザー利用規約第11条第1項に定める申込みがされた運送委託契約に関しては、前項の定めにかかわらず、変更前の本規約が適用されるものとする。

第31条(連絡、通知)

本プラットフォームに関する問い合わせその他の運送者から当社に対する連絡又は通知、及び、本規約内容の変更に関する通知その他の当社から運送者に対する連絡又は通知は、別途当社の定める方法により行うものとする。

第32条(存続規定)

第5条第1項、同条第3項、第16条、第17条、第19条、第29条、第31条ないし第33条及び第35条の規定は、本規約の終了後も有効に存続する。

第33条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令の定めにより無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとする。

第34条(本規約に定めのない事項)

本規約に定めのない事項についての問題又は本規約の解釈上の疑義等が生じた場合には、当社及び運送者は、信義誠実の原則に従って協議の上、速やかに解決を図るものとする。

第35条(準拠法及び管轄裁判所)

1. 本規約の準拠法は日本法とする。
2. 本規約又は本プラットフォームの利用に起因し、又はこれらに関連する一切の紛争については東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。